« 小田急のんりびりハイク&ウォーク(玉川学園前) | トップページ | 西武ウォーキング&ハイキング(下井草) »

2017年3月29日 (水)

駅からハイキング(新宿)

2017.03.20 sun   新宿駅(東口) ⇒ 荻窪駅(南口)   約13.5㎞ 

駅からハイキング(2017.03.17~2017.03.26) 

♪ 水の街 新宿から神田川・善福寺川沿いを歩く ~ かつて浄水場や池があり、水とゆかりの深かった新宿の街から、神田川・善福寺川に沿って荻窪へ。 新宿区・中野区・杉並区の文化・歴史を楽しみませんか? ~ ♪

01
地図。今回のコースは、 新宿駅(東口)【スタート】 ⇒ 常円寺 ⇒ 東京水道発祥の地[工事中のため見学不可] ⇒ 十二社(じゅうにそう) 熊野神社 ⇒ 芸能花伝舎(かでんしゃ) ⇒ 淀橋(よどばし) ⇒ 成願寺(じょうがんじ) ⇒ 東円寺 ⇒ 杉並区郷土博物館 ⇒ 都立和堀公園 ⇒ 大宮八幡宮 ⇒ 都立善福寺川緑地 ⇒ 角川庭園・幻戯(げんぎ)山房(すぎなみ詩歌館) ⇒ 荻窪駅(南口)【ゴール】 です。

02

新宿駅(東口)。受付時間ギリギリだったせいか、受付はスキスキでした。駅周辺は大混雑sweat01。今日はここからスタートです。

 03

常円寺。渋谷区幡ケ谷で創建され、安土桃山時代に現在地に移転したと伝わっているとのことです。

 04

新宿の高層ビル群を歩きます。外国からの観光客の方々が、LOVEのオブジェに上ったり、前に立ったりして、記念撮影cameraしていました。空いた瞬間を狙ってサッと撮影camera

 05

十二社(じゅうにそう) 熊野神社。新宿中央公園の隣に有ります。中野長者と呼ばれた紀州出身の鈴木九郎によって創建されたと伝わる神社。

 06

芸能花伝舎(かでしゃ)。小中学校の再利用に見えます。運営主体は地方公共団体の財団かしら?ちょっと調べてみると・・・・。 

公益社団法人・日本芸能実演家団体協議会が運営する創造文化拠点で、元々は小学校だったものを主に芸能関係の稽古や研修などに利用されているとのことです。

 07

神田川に架かる淀橋。新宿区と中野区の境に掛けられています。淀橋自体は、平成17年に架けかえられたものですが、親柱は大正時代のものです。

 08

神田川沿いの遊歩道。暫く車を気にせず、のんびり歩けますnote

 09

成願寺(じょうがんじ)。中野長者と呼ばれた鈴木九郎が娘の菩提を弔うために創建した寺。鈴木九郎のことは全く知らなかったのですが、いろいろ調べてみると、中野区のHPにも記載されていました。

 10

 成願寺(じょうがんじ)。門や境内に、駅ハイのことが書かれていました。

 11

神田川沿いの皐月橋付近。八津御嶽神社。鳥居をくぐるとビルの中。とっても近代的です。

 12

神田川沿いの遊歩道。「最近、この付近でヘビを見かけるので、足元に注意」の旨が記載された看板。暫く、複数箇所にこの看板が設置されていました。ちょっと、怖くなりましたdown

 13

神田川に架かる中野新橋。朱塗りが特徴。ここから、は神田川から離れて暫し、街中を歩きます。

 14

神田川(左側)と善福寺川(右側)の合流点。善福寺川沿いを歩きます。

 15

東円寺。参拝客が誰もいません。駅ハイの人もいません。ちょっと寂しい感じsweat02

 16

善福寺川沿いの遊歩道。川沿いの遊歩道以外にも、芝生の上にも遊歩道が整備されています。

 17

杉並区郷土博物館。上の写真は、博物館入口の門となっている、旧井口家住宅長門。江戸時代後期に建築されたものと推定されています。機織は、長門の裏側の部屋に展示されているものです。

18

都立和田堀公園。野球場は、善福寺川の洪水を調節する調節池となっています。

 19

大宮八幡宮。駅ハイの地図によると、パワースポットとして注目を浴びているようです。

 20

大宮八幡宮。鳥居がいくつか見えます。参道は長そうです。いろいろなイベントが掲示されていました。なんだか、活気を感じますnotes

 21

大宮八幡宮。境内は結構広いです。

 22

善福寺川沿いの遊歩道。都立善福寺川緑地。川沿いは、本当にキレイshineに整備されています。とってもいい感じの遊歩道ですheart04 

 23

善福寺川沿いを離れて、天神橋公園。細長い遊歩道のような公園。

 24

善福寺川沿いの緑地。アンズの花が咲いていました。桜に似ています。

 25

善福寺川沿いの緑地。 鳥の鳴き声で、 寒緋桜?を見てみると・・・。緑の鳥が2羽いました。桜を食べていました。だめだよ、花を食べちゃ~と言いたくなりました。色が鮮やかなので、外来種かしら?

 26

角川庭園・幻戯(げんぎ)山房(すぎなみ詩歌館)。俳人で角川書店の創始者である角川源義の旧邸宅。近代数寄屋造りの建物は、国の登録有形文化財

 27q

コースの途中でちょっと寄り道。大田黒公園。和風を思わせる門(左上の写真)をくぐると、長い細い道(右上の写真)。そして、その先は広い芝の公園(下の写真)が広がっていました。

 28

大田黒公園。大田黒元義(音楽評論家)の屋敷跡を杉並区が庭園として整備されたもの。仕事部屋の建物は記念館として保存されています。中には、ピアノも展示されていました。

 29

大田黒公園。広い池があり、回遊式の庭園となっています。

 30

大田黒公園。池には、新潟県小千谷市から寄贈された泳ぐ宝石 錦鯉」が泳いでいました。

 31
荻窪駅。ゴールです。駅ハイにしては珍しく13㎞を歩いたので、歩いた充実感がありました。

*コメント欄は閉じています。

« 小田急のんりびりハイク&ウォーク(玉川学園前) | トップページ | 西武ウォーキング&ハイキング(下井草) »

JR東日本」カテゴリの記事

ウォーキング」カテゴリの記事

東京都」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31