« 駅からハイキング(品川) | トップページ | 東京まちさんぽ(住吉) »

2017年5月22日 (月)

駅からハイキング(池袋)

2017.05.21  sun    東京芸術劇場(池袋駅西口) ⇒ 南池袋公園(池袋駅東口) 約10㎞
駅からハイキング(2017.05.20~2017.05.31)
♪ 豊島区内の重要文化財と池袋モンパルナスを歩く ~豊島区内にある3か所の国指定重要文化財と、かつて多くの芸術家が住み「池袋モンパルナス」と呼ばれたエリアを巡り、歴史的・文化的な価値に触れてみませんか~ ♪
01_3
地図。今回のコースは、 池袋駅(西口) ・・・ 東京芸術劇場【スタート】 ⇒ 立教大学マキム門 ⇒ 立教学院展示館 ⇒ 立教大学正門 ⇒ 旧江戸川乱歩邸 ⇒ 豊島長崎の富士塚 ⇒ 熊谷守一美術館 ⇒ アトリエムラギャラリー ⇒ トキワ荘通りお休み処 ⇒ 自由学園明日館(みようにちかん) ⇒ 雑司ヶ谷鬼子母神 ⇒ 豊島区新庁舎 ⇒ 南池袋公園【ゴール】 ・・・ 池袋駅(東口) です。
02_2
池袋駅(西口)。受付場所の東京芸術劇場は、ここから見えまます。
02_3
東京芸術劇場。今日は、ここからスタートです。
03
立教大学マキム門。ここから、立教大学キャンパス内に入りますrun
 
04
立教学院展示館。立教大学キャンパス内にあります。展示館の内部に、今回初めて入りました。立教学院の歴史に関する資料が展示されています。
05
立教大学正門。ここから、出ます。立教大学のシンボルツタの絡まる立教大学本館(モーリス館)がよく見えます。
 
06
旧江戸川乱歩邸。江戸川乱歩が、70歳まで暮らした邸宅です。
07
旧江戸川乱歩邸。正面に見えるのが母屋です。
 
08
旧江戸川乱歩邸。母屋の内部の様子。昔の調度品は赤いカバーのイメージがありますが、こちらは、青で落ち着いた室内となっています。
09
旧江戸川乱歩邸。土蔵は、書庫兼書斎として使用されていたようです。内部には入れませんが、ガラス張りで、内部を見ることができます。
 
10
豊島長崎の富士塚。国指定重要文化財。この日は、富士塚に登ることができませんでしたが、毎年7月の第一土日に山開きを行っているようです。
ここまでの道のり、細い小径ばかりで迷いそうでした。
11
熊谷守一美術館。画家・熊谷守一の旧宅跡地に建てられた美術館。細い道の住宅街に突如現れます。
 
12
アトリエムラギャラリー。
この付近(豊島区西部の長崎地区)は、昭和の初めから戦前にかけて、アトリエ村(アトリエ付き借家群)がいくつも存在していたとのことです。
アトリエムラギャラリーの内部を見学させていただきました。昔の面影は全くなく、現代のおしゃれな建物になっていました。ギャラリーは地下にあり、数点の絵画が展示されていました。
13
トキワ荘通りの案内図。トキワ荘の話は聞いたことがありましたが、初めて当地を訪問しました。だから、ちょっとテンションUPsign03
14
記念碑「トキワ荘のヒーローたち」。公園の一角にあります。真ん中は、手塚治虫、上の左から2番目&3番目は藤子不二雄、下の一番左は石ノ森章太郎、その右隣は赤塚不二夫です。
15
トキワ荘跡地。せっかくなので、ちょっと寄り道。途中、地元の方に声をかけられ、話をしているうちに、トキワ荘跡地の場所を案内していただきました。おかげで迷わず助かりました。
16
トキワ荘跡地。記念碑が建っています。
16_2
トキワ荘通りお休み処。観光案内所のような処です。2階が展示フロアになっています。
 
17
トキワ荘通りお休み処。スタッフの方が2階フロアを案内して下さいました。こちらは、昭和30年代のマンガ家たちの宴会をイメージしたものとのことで、実際に使われたものではないとのことです。だからでしょうか、写真OKでした。
18
目白の森。豊島区立の公園です。遊歩道があるだけで、本当に森のようになっていました。今回の駅ハイの見所ポイントではありませんが、多くの参加者が寄っていました。
次の自由学園明日館までの道のりは、細かい生活道路ばかりでした。
 
19
自由学園明日館(みょうにちかん)。国指定重要文化財。この日は外観のみの公開でした。
20
 
雑司ヶ谷鬼子母神。国指定重要文化財。今回の駅ハイは細かい道が多すぎて、どこにいるのかさえ分からなくなりそうでした。この付近に来て、ようやく土地勘がある場所に来ました。
21
 
豊島区新庁舎。平成27年5月に移転・開庁。屋上に、「豊島の森」の庭園があるとのことで、受付の方に聞いたら開庭しているとのことで、早速行ってみました。
 
22
豊島区新庁舎の屋上にある、豊島の森。それほど広くはありませんが、木々が植樹されています。
23
 
豊島区新庁舎の屋上にある、豊島の森。水槽もあります。庭園には、清流が流れていて、水の音を聞きながら散策できます。
24
豊島区新庁舎の屋上にある、豊島の森。スカイツリーが見えましたeye
25
豊島区新庁舎の屋上にある、豊島の森。庭園を下ることができます。この日は、4階からしか内部へ入れないとのことでした。今回、初めての訪問なので、下ってみることにしました。
26
南池袋公園。平成28年4月にオープンした公園。初めての訪問です。早速中へ入ってみます。
27
南池袋公園。広い芝生が印象的。イベントが開催され、賑やかでした。この日は、5月下旬だというのに、ものすごく暑いimpact。木陰がないのはちょっとつらい感じですが、開放感たっぷりでいい感じの公園です。今日はここがゴールです。
 
29
公園から歩いてすぐの、池袋駅(東口)から帰宅します。今回の駅ハイは細かい道が多すぎて、迷いそうでした。10㎞程度しか歩いていないのに、疲れました(笑)。

« 駅からハイキング(品川) | トップページ | 東京まちさんぽ(住吉) »

JR東日本」カテゴリの記事

ウォーキング」カテゴリの記事

東京都」カテゴリの記事

コメント

暑い中、お疲れ様でした。
このコースは以前3回ほど歩きましたので今回はパスしました。
豊島区役所屋上庭園があるのですか!マンションだけかと
知りませんでした。
南池袋公園も知りませんでした。イベントが行われる程広いのですか!

>あすかさん
この日は本当に暑かったですね。
こちらのコース、知っているコースかな?と思ったのですが、
こちらのコースは以前にもあったんですか。
一部行ったことがあるところもあったのですが、
知らないところもあり、参加してみました。
今回は、生活道路を通るコースがあり、
池袋付近の都会ではない、生活圏の北区を発見しました(笑)。

歩かれたコース。
熊谷守一は知らずとも懐かしい名前は「江戸川乱歩」。
自分たちの世代にはあの名探偵「明智小五郎」です。
街の貸し本屋さんで借りては随分読んだものです。
行ったことがなくても名前だけ知っているのが雑司ヶ谷鬼子母神。
池袋は自分たちが住んでいた十条からは比較的近いのですが全くといっても良いほど記憶のないところです。

江戸川乱歩は今でもその名前は有名ですね。
私もいくつか読んだことがありますし、TVなどでもみたことがあります。
話がほんとうに面白いですよね。
貸本屋についてはあまりよく分からないのですが、昔は図書館に変わるお店があったんですね。
雑司ヶ谷鬼子母神は駅ハイの定番となっているので、
今回はサッと通り過ぎました。

今晩は!
江戸川乱歩邸・・・・
ぼくらは少年探偵団 「怪人二十面相」「明智小五郎」「小林少年」
懐かしい時代です・・・たしかラジオの放送でよく聞きました
 作者の江戸川乱歩氏は 出生が同県人の方でしたので 子供の
頃 何かと話題になっていた事を思い出しましたょー

お早うございます。
江戸川乱歩は特別よくご存じなんですね。
出生の地元では、やはり話題になるんですね。
小説家としは偉大で、そのような小説家と(時代は違えど)同郷なんてちょっと誇らしいですね。
駅ハイに参加されている人々がとっても興味深そうに見学していました。
今回の駅ハイではトキワ荘跡も見ることができたんですよ。
ファンにはたまらないコースだったように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駅からハイキング(品川) | トップページ | 東京まちさんぽ(住吉) »

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31